ミネラルは不足してはいけない。でも取りすぎもダメ!

YUKI_uwanensyuhikusugi15113032-thumb-1000xauto-18871

ウチの小学生の娘は野菜嫌いで野菜をほとんど

食べないのでミネラル不足が心配。

ところが!ミネラルは不足してもダメだけど

取りすぎてもダメらしい。どういうことなの?

ミネラルってどんなもの?

ミネラルは体を維持するために必要不可欠な

栄養素です。

特に成長期の子供には骨や身体の組織の生成に

欠かせません。不足してしまうと成長障害を

引き起こす場合もあります。

不足すると免疫力も低下するので風邪を引き

やすくなったり皮膚炎を起こしたりします。

ですがミネラルは体内で合成できないので

食事で取る必要があります。

取りすぎもダメ

だからといって過剰に取ってしまうとそれは

それで問題があります。ミネラルの中には

過剰症や中毒症を起こすものもあるのです。

食事だけで過剰になることはほぼないですが

サプリメントなどを飲んでいるときは注意が

必要です。

カルシウム

カルシウムは不足すると骨が弱くなったりしますが

取りすぎると中毒症を引き起こす場合があります。

結石の原因にもなります。

牛乳

ナトリウム

ナトリウムは塩分の取りすぎで過剰になりやすい

ミネラルです。ナトリウムが過剰になるとむくんだり

高血圧や動脈硬化の原因になります。

カリウム

ナトリウムを取りすぎてカリウムが不足すると

高血圧になりやすいです。汗をたくさんかくと

汗と共にカリウムが排出されるので低カリウム症

になりやすいです。

カリウムは尿と共に排出されるので過剰には

なりません。ですが腎機能が低下していると

高カリウム血症を起こすことがあります。

マグネシウム

マグネシウムは不足するとカルシウムをうまく

吸収できなくなるので骨粗しょう症の原因になります。

取りすぎると下痢の原因になります。

カリウムと同様に腎機能が低下していると高マグネシウム

血症を起こすことがあります。

リン

リンが不足すると骨や歯が弱くなります。筋力も低下して

食欲が落ちます。

取りすぎると腎機能が低下します。

鉄が不足すると貧血になり運動能力や免疫力が低下します。

取りすぎると胃腸障害を起こす場合があります。

不足すると貧血や骨粗しょう症の原因になります。

取りすぎると銅中毒を起こす場合があります。

骨

亜鉛

不足すると味覚障害や成長障害を起こします。

取りすぎると神経症状や免疫障害が出ます。

マンガン

不足すると発育不良や皮膚炎などを起こします。

取りすぎると神経系の障害や脳障害を起こすことが

あります。

まとめ

娘があんまりにも野菜を食べないのでサプリメントを

飲ませようと思っていたのですが、これは気をつけないと

いけませんね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加