野菜嫌いの子供に野菜を食べさせる工夫とは?

0I9A362915032155accyon2-thumb-1000xauto-18880

ウチの娘(小学生)は野菜が嫌いです。

ピーマンとかニンジンとか子供が嫌う野菜は

だいたい食べません。

健康に育ってもらうためにはバランスよく

食べて欲しいんですけど・・・

野菜嫌いの娘

2~3歳のころは本当に野菜を食べてくれませんでした。

無理に口に入れても吐き出すぐらい。

小学生になって少しマシになりましたがまだまだ

好き嫌いが多いです。

そんな子でも野菜を食べさせないわけにはいきません。

どうにかして食べさせるために色々と工夫をしています。

切り方を変える

あまり知られていませんが切り方で野菜の味や

食感が変わります。

  • キュウリ
  • タマネギ
  • キャベツ
  • トマト
  • ダイコン・ニンジン

などが主なものです。

トマト

キュウリ

繊維と直角に薄切りにすると水分が出て

甘みも感じやすくなります。

すりおろして料理に混ぜたらほぼバレません。

タマネギ

苦味が出ないようにするには繊維に沿って

切ります。食感もよくなります。

繊維と直角に切るとやわらかい食感になります。

薄切りにして一度冷凍してから炒めると

甘みが出やすくなります。

キャベツ

繊維に直角に切るとやわらかく、繊維に沿って切ると

シャキシャキな食感になります。

圧力鍋で煮ると芯までやわらかくなり、甘みも出ます。

トマト

横向きにカットすると甘みが出やすくなります。

ウチでは安いときにまとめ買いしてまるごと

冷凍しています。

カレーやハヤシライスに凍ったままですりおろして

入れたりします。味も形もわからないのでおすすめ。

ダイコン・ニンジン

繊維に沿って切るとシャキシャキ食感、繊維に直角に

切ると味がしみやすくなります。

ピーラーで薄切りにすると見た目も華やかで

食べてくれやすいです。

サラダ

子供の味覚とは?

子供の味覚では苦いものや酸っぱいものは身体に

悪いと判断されます。だから嫌がるのです。

なのでなるべく苦味や酸味の少ない野菜から

始めると食べてくれやすいです。

  • フルーツトマト
  • かぼちゃ
  • ニンジン
  • とうもろこし

ニンジンはちょっと工夫が必要。甘みを出す

調理が重要です。

かぼちゃやとうもろこしはスイーツにもできます。

それ以外の野菜はとにかく細かく切って紛れ

させるか味付けを工夫します。

カレーはよく煮込めば野菜の形がなくなるし

味が濃いので野菜の味がほとんど消えるので

おすすめです。

ウチの娘はカレー風味のきんぴらがお気に入り。

まとめ

私も子供のころは嫌いな野菜が多かったので

ある程度はしょうがないと割り切ってます。

無理に食べさせてずっと野菜嫌いになっちゃったら

困りますからね(ウチの旦那さんがまさにそれ

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加