子供に多いアトピー性皮膚炎。原因とママにできる改善策は?

0I9A355815032137nakuyo2-thumb-1000xauto-18893

お友達のお子さんがアトピー性皮膚炎で悩んでいます。

私も子供のころアトピーだったし今も乾燥肌なので

悩みはわかります。何が原因なんでしょうか?

改善策は?

アトピーの原因って?

アトピー性皮膚炎は小さい子供に発症しやすい皮膚病です。

成長と共に治る場合もありますが、大人になってから再発

する場合もあります。

私も子供のころアトピーでしたが大人になって治りました。

再発はしていませんが今は乾燥肌で悩んでいます。

美容

ある調査では乳幼児から小学生までの子供の10人に1人が

アトピーであるという結果が出ています。

原因は環境によるものや遺伝的なものなど色々な説がありますが

はっきりした原因はわかっていません。さまざまな要因が絡み

合っていて複雑なようです。

同じような環境でも発症する子としない子がいたり、発症時期も

さまざまです。乳幼児期に発症する子が多いですが、その時期に

発症しなくても安心はできません。

アトピーの改善方法は?

アトピーの症状の程度にも個人差があります。軽く済む場合も

ありますし、病院での治療が必要な場合もあります。

乳児期は食物アレルギーが原因である場合が多いです。

幼児期はダニなどの環境要因で悪化することが多いです。

どちらの場合も重要なのはスキンケアです。汗や紫外線、

かゆみによるかきむしりなどで肌のバリア機能が低下します。

 

保湿はアトピーの症状改善にとても重要です。乾燥は肌の

バリア機能を低下させて外部からの刺激に弱くなります。

ですが症状によってはじゅくじゅくとした炎症を起こす場合も

あるのでお医者さんに相談しましょう。

夏場は紫外線でアトピーが悪化しやすくなります。

香水

実は春先から紫外線が強くなっているので早めの紫外線対策が

重要です。曇りや雨でも紫外線は降り注いでいます。

お子さんの場合は夜にかゆみが強くなります。かきむしることで

症状が悪化するので、昼間はかかせないように注意しますが

寝ている間に無意識にかいてしまう場合もあります。

なのでなるべくかかないようにケアしてあげることが重要です。

 

寝室の温度や湿度を調整したり、寝具を調整して乾燥を防いで

暑くなりすぎないように注意しましょう。

入浴直後に寝かせるのはよくありません。しっかりと保湿ケアを

してほてりがおさまってから寝かせてあげましょう。

まとめ

子供のアトピーは本当に大変です。お母さん一人ではなかなか

難しいのでお医者さんや周りの人に相談することをおすすめします。

お母さんがイライラしているとお子さんも辛いですからね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加