認知症とは?認知症の症状ってどんなもの?

roujin_sagashimono_woman

私のお友達のお母さんは認知症です。最初はお家で介護していたのですが

症状が進行してくるとお家での介護が難しくなってきて、今は老人ホームに

預かってもらっているそうです。

認知症とは?

認知症と一言で言ってもさまざまな症状があります。

  • 記憶障害
  • 見当識障害
  • 抽象能力や判断力の障害
  • 認知症による徘徊
  • 幻覚と錯覚
  • 暴力・暴言
  • 失禁と排尿障害
  • 睡眠障害

大きいものだけでもこれぐらいあります。

(細かいのはもっとある)

暴力

お友達もお家で介護していたときは本当に大変そうでした。

特に大変そうだったのは記憶障害です。

記憶障害とは名前の通り過去の体験や出来事の記憶が

丸ごと抜け落ちてしまう障害のことです。

認知症の代表的な症状のひとつです。

 

おばあちゃんは買い物のことを忘れてしまって毎日

同じものを買ってきてしまったそうです。

 

それが原因でお友達のお家には食パンや卵がいつも

大量にありました。節約家のおばあちゃんだったので

安いものを見つけるとつい買ってしまったみたい。

いくら言い聞かせてもわかってくれなくて困り果ててました。

食パン

まぁ病気だからしょうがないんだけど、それだけでは済まないというか。

若いころの習慣がそのまま症状に出ることも多いようです。

それ以外にも散歩に行って帰って来れなくなったり

不要なものを捨てずに溜め込んでしまったりと

苦労が絶えませんでした。介護疲れです。

大変なら施設に預けるという選択も

それでお友達はおばあちゃんを施設に預けるという

選択をしました。

かなり悩んでいましたが預けてからずいぶん楽になった

ようで安心しています。

先日も施設から届いた連絡メールをうれしそうに

見せてくれました。

 

施設に預けるというと抵抗のある方もおられるかもしれませんが

選択としては間違っていないと思います。

介護する家族が疲れてしまってはしょうがありません。

最近では虐待などの問題も起きています。

それならば介護のプロにお任せしたほうが本人も

家族も安心です。

ずっと預かってもらうのが不安な場合は昼間だけ

預かってもらえるデイサービスなどもあります。

まとめ

お友達は本当に大変そうだったので、おばあちゃんを施設に

預けてよかったと思います。お友達も負担が減ったし、

おばあちゃんもお家でいたときより元気そうでした。

家族の愛情も大事ですがプロの技術は違いますね。

ご家族もイライラが減ったと喜んでいました。

デイサービスなどの一時預かりもあるので一度試してみるのも

いいんじゃないでしょうか。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加