青汁選びの基準は?栄養価はどう違うの?どれを選べば正解?

野菜

青汁を飲まれている方ってどんな基準で選ばれているんでしょう?

ウチでも青汁を飲んでいるのですが、ものすごく種類がいっぱい

あるのでどれを選べばいいのかいつも悩んでしまいます。

私の青汁選びの基準

その中で私が重視しているのが「栄養価の高さ」

せっかく飲むんだからしっかり栄養が取れたほうがいいですよね。

青汁には数え切れないほどたくさんの商品があって

それぞれに含まれている栄養成分が違います。

薬

主なものをあげると

  • カロテン
  • ビタミン
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • 葉酸
  • DHA
  • EPA
  • パルミトレイン酸
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • リノレン酸
  • エイコサジエン酸
  • アラキドン酸
  • ドコサテトラエン酸
  • ドコサペンタエン酸
  • ジホモγリノレン酸
  • マンガン
  • 亜鉛
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • リン
  • ナトリウム
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • アラニン
  • アルギニン
  • リジン
  • アスパラギン酸
  • グルタミン酸
  • ブロリン
  • スレオニン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • ヒスチジン
  • トリプトファン
  • グリシン
  • セリン
  • シスチン
  • パラミロン
  • クロロフィル
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • ギャバ
  • スベルミジン
  • プトレシン

多すぎてワケがわかりません(笑)

 

青汁にはさまざまな原材料がありますが、それぞれの原材料で

含まれている栄養素が違います。なので青汁を買うときは

原材料をしっかり見て選ぶようにしています。

青汁の原材料って?

青汁の原材料で多いのはケールと大麦若葉。

ケールは大きいキャベツのような感じですが栄養たっぷり。

キャベツ

特にβカロテンとビタミンAが豊富です。それ以外にも

カルシウムやビタミンC、食物繊維もたっぷり。

ガン予防やダイエットにも役立ちます。

 

大麦若葉の青汁はとても飲みやすいです。

他の野菜ともよく合います。ビタミン13種類のうち

12種類は大麦若葉に含まれています。

カロテンや酵素も含まれているのでアンチエイジングにも

効果が期待できます。

 

ケール、大麦若葉以外にも色々あります。

代表的なのは明日葉。明日葉は野菜の王様とも呼ばれています。

明日葉に含まれているカルコンという成分は抗がん作用と血栓予防の

効果があります。それ以外にもカリウムや鉄分などのミネラル、

ビタミンも豊富です。

まとめ

青汁はものすごく種類が多いので、目的に応じてしっかり選ぶことが

大切です。原材料によって含まれる栄養素が違います。

ウチは旦那さんのダイエットと私の美容が目的なので、それに一番

合う青汁を探して行きたいですね。ブレンドしてみるのもいいかも。

旦那さんの野菜嫌いが何とかなればいいのだけど。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加