生活習慣病の予防に絶対必要な不飽和脂肪酸は○○で取る

サラダ

ウチの旦那さんは偏食がひどくて野菜も果物も

ほとんど食べません。

 

若いころはあまり気にしていなかったのですが

中年を過ぎるとさすがに気になってきます。

(先日会社の健康診断にも引っかかった)

なので旦那さんには青汁を飲んでもらっています。

(サプリメントも考えたのですが、薬も嫌いなので)

 

青汁には「不飽和脂肪酸」という栄養素が含まれています。

不飽和脂肪酸は青魚などに含まれる血液をサラサラにする

油ですね。DHAやEPAが有名。

青汁に含まれる不飽和脂肪酸

青汁に含まれている不飽和脂肪酸はこんなものがあります。

  • DHA
  • EPA
  • パルミトレイン酸
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • リノレン酸
  • エイコサジエン酸
  • アラキドン酸
  • ドコサテトラエン酸
  • ドコサペンタエン酸
  • ジホモ-γ-リノレン酸

 DHA・EPA

DHA・EPAには

  • 血圧を下げる
  • 中性脂肪を減らす
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • がんの予防
  • 糖尿病など成人病の予防

などの効果があります。

 

不足すると

  • 動脈硬化のリスクが高まる
  • 高血圧
  • メタボになりやすい
  • 肌荒れがひどくなる
  • 老眼になりやすい
  • 認知症のリスクが高まる

など色々問題になります。

 

ウチの旦那さんは典型的なメタボ体型なので

欠かせません。

メタボ

青汁を飲み始めてから肌荒れがマシになりました。

パルミトレイン酸

皮膚の老化、動脈硬化、高血圧を予防する

効果があります。

オレイン酸

オリーブオイルやナッツ類などに多く含まれています。

旦那さんはピーナッツが好きなのでよく食べるんですけどね。

 

悪玉コレステロールを減らしたり、便秘を解消する働きが

あります。

確かに青汁を飲み始めてから旦那さんの便秘症がよくなりました。

(前は便秘薬を常用してた)

リノール酸

コレステロールを下げる働きがありますが、とりすぎると

逆に肥満の原因になります。

マーガリンや植物油に多く含まれるので気をつけないと。
医者

リノレン酸

血をサラサラにして血栓を予防したり、血圧を下げる効果があります。

老化予防や記憶力の改善にも効果あり。

エイコサジエン酸

不足すると動脈硬化のリスクが高まります。

アラキドン酸

血圧やコレステロールを下げたり記憶力を上げる働きがあります。

ドコサテトラエン酸

コレステロールを下げたり脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果があります。

ドコサペンタエン酸

血管がやわらかくなって、動脈硬化や心筋梗塞を予防する働きがあります。

ジホモ-γ-リノレン酸

コレステロールや血糖値を下げる効果があります。

アトピー性皮膚炎などにも効果があります。

まとめ

不飽和脂肪酸は血圧やコレステロールを下げたり、動脈硬化や心筋梗塞などを

予防するものがほとんどです。

 

取り過ぎるとダメなものもあるので注意しないといけませんね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加